背中ニキビ 原因 対策

 

背中ニキビの原因はシャンプーなどが関係していた

ふと背中を触ったときにぶつぶつとしていたことはありませんか?
鏡で背中を見たとき、背中ニキビがたくさんできていてショックを受けた方もいると思います。また、背中ニキビがなかなか治らず悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか。
こちらの記事も合わせてお読み下さい。背中ニキビの改善と注意点をご紹介

 

そんな背中ニキビができる原因と対策についてお話します。
背中ニキビができる原因の多くは、シャンプーやトリートメントの洗い残しと言われています。背中ニキビに悩んでいる方、シャンプーやトリートメントを使用したあとにきちんと背中を洗っていますか?

 

シャンプー等を洗い流したあとに背中をよく洗わずにいると、背中にシャンプーの成分が残ってしまいニキビの原因となってしまいます。特に、体を洗ってから洗髪をする習慣が付いている方は、再度背中を洗い流すのを怠りがちになってはいないでしょうか。

 

また、トリートメントを使用する場合、髪にトリートメントを付けている間に体を洗う方もいるかと思います。時間の使い方としては効率的ですが、この場合、トリートメントを洗い流す際にせっかく洗ってきれいになった背中にトリートメントの成分が付いてしまいます。

 

そうなるとまた背中を洗わなければならなくなりますので、できるなら頭髪にかかる全ての工程の後に体を洗うようにすると、背中にシャンプーやトリートメントの成分を残さずに済むと思います。

 

衣服の汚れも背中ニキビができる原因

 

背中ニキビができる原因のふたつめとして、衣服の汚れがあげられます。
洗濯を毎日している方でも、部屋着やパジャマは毎回洗わないという方もいると思います。

 

部屋着やパジャマは家の中だけで着るものだしそんなに汚れないからと、洗わずに何日も着まわしている方は意外と多いのではないでしょうか。

 

何日も着ている服は、あまり汚れていないように見えても意外と汚れている場合が多いです。特に寝間着は、寝ているときにかいた汗で汚れます。

 

人間は就寝中に多くの汗をかいていると言われていますので、自分で気付いていなくとも背中の部分は汗で汚れている場合が多いです。
汗や皮脂で汚れた寝間着を何日も洗わないで着ていると、雑菌が繁殖しニキビの原因となってしまいます。部屋着やパジャマはなるべくこまめに洗うようにしましょう。

 

背中ニキビの原因にはその他にも食生活の乱れやストレス等もあげられますが、上記のことに思い当たる方はそれらを改めることで背中ニキビが改善されていくかもしれません。
背中ニキビを治してきれいな背中を手に入れましょう。