ニキビ跡 知識

 

ニキビ跡の原因や治療について

ニキビが治っても残るニキビ跡は嫌ですよね。よく想像されるのはクレーターと呼ばれるぼこぼこの肌と色素沈着ですね。しかし、それ以外にもニキビ跡がありますので今回はニキビ跡の知識と治療の方法を解説していきます。

 

軽傷な物から話していくと、一番軽い物は赤みです。人間の体はよく出来ていてニキビができると体が治そうと色々と対処します。この対処の中に毛細血管を作ります。

 

また、ニキビになると皮膚が薄くなるので余計に目立ってしまうので赤みが発生してしまうのです。こちらは時間がたつと元に戻ります。

 

次に色素沈着ですが、こちらは比較的軽傷の分類になります。皮膚にダメージを受けると体が皮膚を守ろうとメラニンを作ります。このメラニンが原因で色素沈着が発生するのです。

 

こちらは肌のターンオーバーを助けてやればある程度は良くなりますが、自力で治すことは難しいので皮膚科で赤外線治療を受けてください。

 

いよいよ重症な物を解説していきます。まずは王道なクレーターから。
人間の皮膚にはコラーゲンがありますよね。このコラーゲンは一度破壊されてしまうと修復が難しくなってしまいます。

 

そのため、ニキビの炎症が進みコラーゲンを持つ皮膚組織を破壊してしまうと皮膚のコラーゲンを失ってしまうため凸凹になってしまうのです。
こちらは自力で治すことは不可能に近く、皮膚科に良きコラーゲンの生成を促すレーザーを打ち込んでもらいましょう。

 

このクレーターより酷い物がしこりです。このしこりは酷い状態のニキビの発生を繰り返すことにより皮膚の奥深くまで化膿が進み、体が化膿を治すためにコラーゲンを過剰に作ってしまうため発生します。皮膚内部には簡単に作れるくせに皮膚外部のコラーゲンは簡単に作れないって理不尽ですよね。

 

この状態になると腫れあがってしまうので痛みを感じます。そして、このしこりとメカニズムは同じですが範囲が違うミミズ腫れという物があります。こちらはニキビ跡というよりやけど見たいにミミズ状に腫れあがってしまいます。

 

このしこりの治療法はしこりを切り取る切開手術とレーザーで再生機能を失ってしまった細胞にレーザーを当てて新しい細胞を作り、正常なターンオーバーを促すことによって治療していきます。

 

しかし、ニキビ跡の治療はかなり高額です。ニキビ跡を気にしないという方は良いのですが、やはりツルツルのお肌になりたいという方は金銭的に厳しいかも知れませんが治療をおすすめします。