今日から ニキビ対策

 

気になる大人ニキビに!今日からできる心がけって?

ニキビは思春期に悩まされるもの、と思われがちですが、大人になってもニキビはできます。大人ニキビとは20歳以上の人がなるニキビのことをいい、おでこにできる思春期ニキビと違って、あごなどの口周りにできやすいのも特徴です。

 

大人ニキビはターンオーバーがうまくいかず、分厚くなってしまった角質層がうまくはがれずに毛穴を塞いでしまうために起こってしまいます。さらに、一度できるとなかなか治らなかったり、またできてしまう、という悪循環に陥ってしまい、悩む方は多いと思います。

 

原因として、社会人になって環境が変わったり、それに伴うストレスやバランスの取れた食生活を怠ったりするとできてしまいます。さらには喫煙や紫外線対策も大きな原因になります。生活習慣を全て変えるのは難しいですが、ちょっとした心がけで肌は変わるのでぜひご参考にしていただけたらと思います。

 

まず、思春期ニキビと違って大人ニキビは乾燥するのが特徴です。
ニキビと聞くと、油分が気になるからさっぱりとしたケアをした方がいい、というイメージもありますが、これは大人ニキビにはあまりよくありません。

 

とにかく保湿をし、肌を潤いで満たしてあげる必要があります。
さっぱりとした化粧水や乳液を使っている方はしっとりとした、スキンケアをしたと実感できるものに変えるのをおすすめします。もしべたつくのがイヤだ、という方は乳液を付けた後に軽くティッシュオフすると気になりにくくなります。

 

ニキビを作らない為にもメイク落としや生活の見直し

 

また、基本ではありますが、いくら疲れていてもメイクは必ずオフして寝るようにしましょう。メイクが顔にのったままただと、寝ている間の肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。

 

さらにメイクの油と皮脂が混ざって酸化してしまい、顔のくすみや雑菌の繁殖の原因になって肌荒れしてしまい、ニキビができやすくなります。

 

メイクをしたまま寝ると、「メイクを落とさなきゃ…」と思いながらなので熟睡することが難しくなります。いい睡眠をとるためにも、肌のためにもメイクは必ず落としましょう

 

健康の基本でもありますが、食生活にも気を遣いましょう。
肌のターンオーバーを促すたんぱく質を多くとったり、美肌のもととなるビタミンがたっぷりと入った野菜やフルーツもたくさん摂るようにしましょう。偏った食事では美肌は作れません。

 

また、冬でも日焼け止めはしっかりと塗るようにしましょう。
一年中紫外線は降り注いでいるので、油断してしまうとニキビが焼けてしまい、シミとなって治りがかなり遅くなることがあります。そうならないためにも、事前に対策することが大切です。

 

いくつかニキビ対策をご紹介させていただきましたが、今日からできる簡単なことばかりなので、ぜひ実践していただき、美肌を目指しましょう。
こちらも参考に:ニキビが発生する原因や注意点